無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »

2015年9月

2015年9月23日 (水)

掩体壕調査状況

陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕続行中です。

写真は2号掩体壕で、先日新たに4ヶ所目が確認されました。Dsc_00141


Dsc_00191

2015年9月18日 (金)

陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕の調査

9月と10月は、以下のとおり調査を行いますのでお知らせします。

                 記

「陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕」について
戦後70年の今年、本会ではあさぎり町教育委員会様への調査支援として「陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕」の発掘調査を下記の日程等で行います。<br> 全国で2事例(南アルプス市)目となる「木製有蓋掩体壕の全容を確認」し、新たに発見された2号・3号木製有蓋掩体壕の「町登録文化財への登録に向け」て、熊本県内では「太平 洋戦争期戦争遺跡の初発掘調査」となります。

              記
 ○日 時  第Ⅰ期:平成27年9月19日(土)~23日(水)
               第Ⅱ期:平成27年10月10日(土)~14日(水)
        第Ⅲ期:平成27年11月中頃  土日曜日に補足調査
    ○概 要  ①第Ⅰ期では、2号掩体壕(上北神殿原の稲富さん所有地・主要地方道多良木相良線沿い、稲富製材所の道路向かい側の笹藪)を、第Ⅱ期で        
        は、3号掩体壕(上東狩所の豊永さん所有地・あさぎり中学校東側)の基礎部の発掘調査及び周辺調査
       ②木製部材調査:3号掩体遺存の全国初資料である木製部材の調査 
 ○一般公開 本会としては、地域の方々への現地公開・見学会を町、地元の人吉球磨の戦争遺跡を伝えるネットワークと 
       協議し、期間内に検討しております。
 ○調査主体は「あさぎり町教育委員会」ですので、担当の北川さん(0966-45-7226)に詳細はご確認ください。

「くまもと航空遺産ガイドマップ」が完成しました。

これをみれば熊本県内の戦争遺産の概要がすべてわかる!

8月9日の講演会での無料配布後は、以下のとおりの方法で購入可能です。

Img_20150918_0001


1 頒 価   800円
2 申込先
 ○くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク事務局
 ○〒865-0061 
  熊本県玉名市立願寺126-5 高谷 和生宅
  TEL&F AX 0968-74-5030
3 購入法
 ①ゆうちょ銀行・大浜郵便局の振替口座「くまもと戦争遺跡・文化遺産ネットワーク」「01750-1-67112」に、800円を払い込みます。
 ②宛名を書き、「140円分切手(一部の送料です)」を貼った「返信用A4サイズ封筒」を同封し、事務局まで郵送下さい。
   ③なお、県内戦跡の無料リーフ「熊本の航空遺産と流星」「大浜飛行場」「荒尾二造」もご希望でしたら、少し重くなりますので「250円切手」を貼ってください。
また、払い込みの半券(勿論、返送封筒に同封しお返しします)を入れていただければ、郵便局からの払い込み通知による確認を待たずに、その日の内に返送できます。どうぞよろしくお願いします。

[

« 2015年7月 | トップページ | 2016年4月 »