無料ブログはココログ

« 「くまもと航空遺産ガイドマップ」が完成しました。 | トップページ | 掩体壕調査状況 »

2015年9月18日 (金)

陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕の調査

9月と10月は、以下のとおり調査を行いますのでお知らせします。

                 記

「陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕」について
戦後70年の今年、本会ではあさぎり町教育委員会様への調査支援として「陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕」の発掘調査を下記の日程等で行います。<br> 全国で2事例(南アルプス市)目となる「木製有蓋掩体壕の全容を確認」し、新たに発見された2号・3号木製有蓋掩体壕の「町登録文化財への登録に向け」て、熊本県内では「太平 洋戦争期戦争遺跡の初発掘調査」となります。

              記
 ○日 時  第Ⅰ期:平成27年9月19日(土)~23日(水)
               第Ⅱ期:平成27年10月10日(土)~14日(水)
        第Ⅲ期:平成27年11月中頃  土日曜日に補足調査
    ○概 要  ①第Ⅰ期では、2号掩体壕(上北神殿原の稲富さん所有地・主要地方道多良木相良線沿い、稲富製材所の道路向かい側の笹藪)を、第Ⅱ期で        
        は、3号掩体壕(上東狩所の豊永さん所有地・あさぎり中学校東側)の基礎部の発掘調査及び周辺調査
       ②木製部材調査:3号掩体遺存の全国初資料である木製部材の調査 
 ○一般公開 本会としては、地域の方々への現地公開・見学会を町、地元の人吉球磨の戦争遺跡を伝えるネットワークと 
       協議し、期間内に検討しております。
 ○調査主体は「あさぎり町教育委員会」ですので、担当の北川さん(0966-45-7226)に詳細はご確認ください。

« 「くまもと航空遺産ガイドマップ」が完成しました。 | トップページ | 掩体壕調査状況 »

3.お知らせ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陸軍人吉(神殿原)秘匿飛行場木製有蓋掩体壕の調査:

« 「くまもと航空遺産ガイドマップ」が完成しました。 | トップページ | 掩体壕調査状況 »