無料ブログはココログ

2.これまでの活動

2014年10月20日 (月)

これまでの活動

これまでの玉荒戦争ネットの活動概要報告    平成26年7月17日

※平成17年(2005年)5月14日発足・趣意書発送
 
1.玉名荒尾戦争遺跡ネットワーク例会:~第26回例会

平成17年度から平成20年度

①〈大浜飛行場を歩こう~玉名の戦争遺跡をつたえよう~〉
②〈荒尾二造を歩こう~荒尾の戦争遺跡をつたえよう~〉
③〈荒尾二造見学会をふりかえって〉
④〈高瀬と大浜飛行場〉
⑤〈大浜飛行場を歩こう~玉名の戦争遺跡をつたえよう~〉
⑥〈荒尾二造を歩こう~荒尾の戦争遺跡つたえよう~〉
⑦〈大浜飛行場を歩こう~熊本の隠された特攻基地〉
⑧〈荒尾二造を歩こう~おんな達の荒尾二造~〉
⑨〈三年間の活動をふりかえって〉
⑩〈大浜飛行場を歩こう~玉名飛行場と大浜の空襲をめぐって〉
⑪〈荒尾二造を歩こう~二造分析室を復元する〉

平成21年度
⑫平成21年5月10日〈第12回例会
荒尾二造を歩こう~二造検査掛棟接収番号の謎をさぐる〉
⑬平成21年8月1日〈第13回例会大浜飛行場を歩こう~次世代への平和の継承〉

平成22年度
⑭平成22年6月5日〈平成21年度総会・第14回例会
大浜飛行場格納庫をワークする~たくさんの証言で格納庫復元に挑戦する~〉
⑮平成22年8月1日〈第15回例会
大浜飛行場を復元する~格納庫CAD図復元と正門・看板の復元に挑戦する~〉
⑯平成22年10月22日〈第16回例会 ユングマンプロジェクト次世代への平和の継承〉
⑰平成23年1月22日〈第17回例会 荒尾二造の火薬庫を検証する~接収横線をもつ火薬庫の測量とその構造を検証する~〉

平成23年度
⑱平成23年6月5日〈平成22年度総会・第18回例会で、近代化遺産荒尾二造変電所
跡等の利用を考える市民の会の設立総会を兼ねて開催。髙谷が講話「荒尾二造変電所等
の重要性を検証する」〉
⑲平成23年7月21日〈第19回例会・「空襲・戦災を記録する会第23回全国大会
大牟田大会」で兼ねる。戸﨑孝行発表「玉名飛行場の空襲と戦争遺跡をいかした大浜地
域づくり」。髙谷現地案内と解説「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所と大牟田の防空」〉
⑳平成24年2月12日〈第20回例会で、近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市民
の会と合同開催。髙谷が現地案内と講話「荒尾二造をワークショップする」〉

平成24年度
.平成24年5月26日〈平成23年度総会。第21回例会熊本の戦跡をフィールドワ
ークするⅠ〉三菱重工業熊本航空機製作所跡及び県連施設の見学
.平成24年7月28日〈第22回例会「大浜飛行場の成り立ちをイベントする!」〉
○講演会:演題「陸軍高瀬飛行場における戦時下の土地収用と戦後処理~健軍飛行場と
対比して~」
内山幹生さん(熊本史学会・前永青文庫研究センター員)
○パネル展示会:7月24日(火)~8月29日(日)
米軍F-13による大浜飛行場の空撮写真資料、大浜飛行場の主要施設配置
図、大型・小型格納庫測量図、大型格納庫復元鳥瞰図、周辺地形図他
○場所:玉名市立歴史博物館こころピア「レクチャー・エントランスホール」
.平成24年11月23日〈第23回例会で、近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市
民の会と合同開催。「荒尾二造をウオーキングする」〉

平成25年度
平成25年6月29日〈平成24年度総会。第24回例会熊本の戦跡をフィールドワ
ークするⅡ〉陸上自衛隊北熊本駐屯地内の陸軍熊本幼年学校跡の見学。菊池たてもの応
援団と合同で陸軍木造立哨所(第十三聯隊)の略測調査
平成26年2月9日〈第25回例会「完成!大浜飛行場リーフレット!新事実大浜飛
行場と特攻隊」

[発表1・活動報告]「完成!大浜飛行場リーフレット!」事務局戸嵜孝行
[証言・ハーモニカ演奏]「大浜飛行場でであった“陸軍司偵振武隊”の記憶

“戦争と私”の証言と思い出をハーモニカの音色にのせて!」

玉名市繁根木髙木良幸さん
[発表2]「陸軍司偵振武隊(振武桜特別攻撃隊)の軌跡」事務局髙谷和生
平成26年3月21日〈第26回例会で、近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市
民の会と合同開催。「荒尾二造をウオーキングする」〉を合同開催

2.平和活動・講演・発表:~第30回

平成17年度から平成20年度
①〈城南町『隈庄飛行場工事の記録』出版記念会で講演「隈庄飛行場と熊本の戦争遺跡:
飛行場編」〉
②〈「コープ熊本学校生協平和委員会」視察で、菊池飛行場を講演案内〉
③〈「第11回8・15を考える県民の集い」で講演「映像で見る熊本の戦争遺跡」〉
④〈「第18回だご汁まつり」で講話「大浜飛行場を知ろう」〉
⑤〈「コープ熊本学校生協の平和学習会」で講演「みんなで知ろう熊本の戦争遺跡」〉
⑥〈「第12回8・15を考える県民の集い」で発表「映像で見る熊本の特攻基地」〉
⑦〈八代市の人権NPO法人「ちなもい塾」学習会で講演「八代の戦争遺跡を検証する」〉
⑧〈荒尾市にて開催された「第35回熊本県文化財保護大会」にて「玉名荒尾地域の戦跡
Map」を刊行。「荒尾二造・玉名飛行場の戦跡パネル」を14枚掲示
⑨〈熊本の戦争遺跡研究会・平和憲法を活かす熊本県民会議主催の「菊池飛行場見学会」
で講話「菊池飛行場給水塔保存」〉
⑩〈荒尾九条の会主催「中央区ピースウオーク」で、荒尾二造現存施設を、髙谷が説明講話〉
⑪〈荒尾市内社会科研究会で講話「荒尾二造を歩こう~ふるさとにある戦争遺跡を知ろう~」〉

平成21年度
⑫平成21年5月9日〈荒尾史談会主催「荒尾二造見学会」で、荒尾二造現存施設を、髙
谷が説明講話〉
⑬平成21年8月2日〈大牟田の空襲を記録する会主催「荒尾二造見学会」で、荒尾二造
現存施設を、髙谷が説明講話〉
⑭平成21年9月5日〈玉名高校市民講座で髙谷が講演「玉名荒尾の戦争遺跡と三菱玉中
工場〉
⑮平成21年11月12日〈熊本県文化財保護協会“くまもと教育の日”記念講演会で髙
谷が講演「熊本県下の戦争遺跡」〉

平成22年度
⑯平成22年8月1日 荒玉地区夏期教育研究集会
「大浜飛行場から見た本土決戦準備」講話と大浜飛行場現地フィールドワーク
⑰平成22年11月12日
熊本県高等学校教育研究会地歴公民部会「熊本の戦争遺跡
~県内に残された奉安殿と三菱熊本航空機製作所の学徒動員を通して~」
⑱平成22年12月5日〈熊本の戦争遺跡研究会の『熊本の戦争遺跡』発刊記念発表会で
髙谷が講演「熊本の戦争遺跡~三菱航空機製作所の調査を通して~」

平成23年度
⑲平成23年5月27日〈熊本県建築士会総会・くまもと地域貢献活動助成金事業活動報
告で髙谷が発表。「玉名荒尾の戦争遺跡をいかした地域づくり」〉
⑳平成23年6月26日〈熊本産業遺産研究会総会で髙谷が講話「近代化遺産 荒尾二造
変電所跡等をいかした地域づくりを考える」〉
平成23年7月28日〈高瀬蔵自主事業・高瀬夜噺で髙谷発表「66年前の三菱旧制玉
中工場」〉
平成23年8月15日〈平和憲法を活かす県民の会で髙谷講演「1945年8月15日
を語る熊本の戦争遺跡」〉
平成23年10月22日〈熊本市立図書館・図書館講座郷土史で髙谷講演「熊本の戦争
遺跡をめぐって~最新の米軍F13機による空撮資料の紹介~」〉
平成23年1月17日〈合志解放研究会第8回例会で髙谷が講話「黒石原飛行場と地域
の戦争遺跡をいかした平和学習を考える」

平成24年度
平成24年4月14日〈合志市郷土史愛好会で髙谷が講話「熊本の戦争遺跡と黒石原飛
行場」〉合志市立西合志図書館
平成24年8月13日〈熊本県知事・熊本県教育長あて、県内保護四団体(本会、近代
化遺産荒尾二造変電所等をいかす市民の会、熊本の戦争遺跡研究会、花房飛行場の戦
争遺産を未来につたえる会)『抗議書「近代化遺産東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所の
戦争遺跡」の保護放棄について』で文書抗議〉

平成25年度
平成25年7月27日〈山鹿市文化歴史講演会で髙谷講演「つたえる熊本の戦争遺跡
~山鹿の戦争遺跡の記憶と記録を今に、未来に~」〉山鹿市立博物館。なお、講演内容
は、『新山鹿双書第9回山鹿市文化歴史講演会講演録』として平成26年3月末に
出版刊行

平成25年8月8日〈まちかど教養講座高瀬夜噺(通算114回)で髙谷が講話「玉名

大牟田の空襲と防空体制~日本は空襲をどのように迎え撃ったのか!残された戦争遺
跡を通して検証する~」〉NPO法人高瀬蔵
平成25年9月29日〈熊本県高等学校退職教職員連絡協議会荒玉地区総会で髙谷講演
「熊本の戦争遺跡~荒尾二造を未来につたえる~」〉熊本県高等学校退職教職員連絡協議会

平成26年3月10日〈熊本県退職教職員連絡協議会「友好の会」城北大会で髙谷講演
「熊本の戦争遺跡を未来につたえる~新たな市民活動として、戦争遺跡を通して平和を
語り継ぐ~」〉熊本県退職教職員連絡協議会

3.出前平和講座:~第16回

平成17年度から平成20年度

①〈「高瀬組仏のこども会夏季合宿」で高谷が講演「大浜飛行場を知ろう」〉
②〈有明中学校1年総学で髙谷が講演「大浜飛行場を歩こう~故郷にある戦争遺跡を知ろ
う~」〉
③〈荒尾第一中学校1・2年総学・平和学習で髙谷が講演「荒尾二造を知ろう~故郷にあ
る戦争遺跡を知ろう~」〉
④〈有明中学校1年グループ総学で髙谷が講演「大浜飛行場を歩こう~故郷にある戦争遺
跡を知ろう~」〉
⑤〈荒尾第一小学校6年総学で髙谷が講演「荒尾二造を知ろう~ふるさとにある戦争遺跡
を知ろう~」〉

平成21年度
⑥平成21年9月8日〈荒尾高校1年3組総学で髙谷が講演「調べよう荒尾の昭和史」〉
⑦平成21年9月17日〈有明中学校1年グループ総学で髙谷が講演、ユングマンプロジ
ェクト・ユングマン体験学習「大浜飛行場を歩こう~故郷にある戦争遺跡を知ろ~」〉
⑧平成21年10月2日〈有明中学校1年グループ総学で田邊が現地案内「大浜飛行場を
歩こう~故郷にある戦争遺跡を知ろう~」〉

平成22年度
⑨平成22年10月22日〈有明中学校1年グループ総学
ユングマンプロジェクト・ユングマン体験学習「大浜飛行場を歩こう~故郷にある戦争遺
跡を知ろう~」〉

平成23年度
⑩平成23年9月21日〈有明中学校1年生総学学習で髙谷講話、田邊・清田が現地案内
と解説「地域に残された大浜飛行場を知ろう」
⑪平成23年11月28日〈合志中学校2年平和学習で髙谷が講演「黒石原飛行場と沖縄」

平成24年度
⑫平成24年9月20日〈有明中学校1年生総学学習で戸﨑講話、田邊・清田が現地案内
と解説「地域に残された大浜飛行場を知ろう」〉
⑬平成24年10月4日〈西合志南中学校3年総合学習「命を考える」で髙谷が講演「合
志の戦争遺跡と黒石原飛行場」〉
⑭平成24年12月11日〈合志中学校2年沖縄平和学習で髙谷が講演「黒石原飛行場と
沖縄」〉

平成25年度
⑮平成25年10月2日〈有明中学校1年生総学学習で戸﨑講話、田邊・清田が現地案内
と解説「地域に残された大浜飛行場を知ろう」〉
⑯平成25年12月12日〈合志中学校2年沖縄平和学習で髙谷が講演「黒石原飛行場と
沖縄~米国国立公文書館所蔵映像“9秒間の空襲の真実”~」〉

4.学術論文・学術報告作成活動:~第24回

平成17年度から平成20年度

①〈「肥後考古学会平成17年度総会」高谷発表「熊本の戦争遺跡Ⅰ県北編」〉
②〈「肥後考古学会第237回例会」高谷発表「熊本の戦争遺跡Ⅱ県南編」〉
③〈「肥後考古学会第240回例会」高谷発表「熊本の戦争遺跡Ⅲ県央編」〉
④〈「第11回戦争遺跡保存全国シンポジューム愛知大会」で髙谷発表「熊本県内の旧軍
飛行場の概要と菊池飛行場の花房給水塔の保存について」〉

平成21年度
⑦平成21年6月27日〈報告書「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所の概要と検査掛棟で確
認された接収番号等」〉荒尾市教育委員会へ提出
⑧平成22年1月15日〈報告書「黒石原飛行場奉安殿」〉合志市教育委員会へ提出

平成22年度
⑨平成22年6月19日~20日〈「第14回戦争遺跡保存全国シンポジューム沖縄大
会」で髙谷発表「1945年熊本の本土決戦準備と旧逓信省熊本航空機乗員養成所の
保存」〉

⑩平成23年2月21日〈報告書「旧東京陸軍第二造兵廠荒尾製造所の重要性について」
緊急報告書〉荒尾市へ提出

平成23年度
⑪平成23年7月24日〈肥後考古学会第 回例会で髙谷論文発表。「熊本天草の本土決
戦準備」〉
⑫平成23年8月15日〈平和憲法を活かす県民の会で髙谷講演資料と論文を発表
『1945年8月15日を語る熊本の戦争遺跡・旧制玉中工場と県下の学徒動員』〉
⑬平成23年8月〈『季刊考古学 第165号近現代の戦跡考古学』出版で髙谷の論文
発表「熊本天草の本土決戦準備」〉
⑭平成23年10月19日〈玉名市立歴史博物館にて「大浜飛行場の空襲前米軍空撮新発
見写真の報道会見」を行う〉。その後市民公開として、エントランスホールを借用して
の、空撮資料のパネル展示を行う。
⑮平成23年10月24日〈平成23年度第3回合志市文化財保護委員会で髙谷が現地案
内と資料公開・講話。「黒石原飛行場と旧逓信省熊本航空機乗員養成所奉安殿を考える」〉

平成24年度
⑯平成24年5月10・11日〈日刊人吉新聞紙上に「木製掩体壕が文化財に ~戦争遺
跡の調査・保存と平和の継承~上・下で掲載」〉

平成25年度
⑰平成25年8月7日
髙谷論文「米軍撮影の陸軍玉名飛行場空撮写真の検討」『歴史玉名第65号』玉名歴史研
究会で発表
⑱平成25年8月12日菊池夢美術館で関係団体と「陸軍菊池飛行場新発見写真資料」の
報道会見」を行う〉。その後市民公開として、エントランスホール壁面にて新発見資料
のパネル展示を行う。
⑲平成25年8月17~19日〈第17回戦争遺跡保存全国シンポジューム岡山県倉敷大
会で髙谷論文発表。「三菱熊本航空機製作所他の特殊地下壕と荒尾二造変電所跡の保
存」〉
⑳平成25年9月7日益城町寺中津森神宮において「津森神宮奉納機・海軍一〇式艦上戦
闘機木製プロペラの発見」の報道会見・総代氏子報告会を行う〉

平成25年12月5日「三菱重工業熊本航空機製作所」他『熊本の近代化遺産上巻』
熊本産業遺産研究会髙谷が紹介。

平成25年12月8日大分県宇佐市において市民団体宇佐市塾と「県外空襲資料の公開
~熊本県関係(菊池飛行場・黒石原飛行場・三菱熊本航空機製作所・芦北町鉄道橋・東
海カーボン田の浦工場」新発見ガンカメラ映像の報道会見を行う

平成26年1月25日「東京第二陸軍造兵廠荒尾製造所」他『熊本の近代化遺産下
巻』熊本産業遺産研究会末永崇・髙谷が紹介。

平成26年2月23日球磨郡錦町青年会館で関係団体と「海軍艦上攻撃機“流星”風防
~国内初資料、日本で唯一の流星風防の大発見!人吉・球磨の戦争遺跡を併せて紹介!
~」の報道会見を行う〉

5.戦争遺跡(遺構・遺物)調査:~第33回

平成17年度から平成20年度

①〈あさぎり町神殿原秘匿飛行場の永山1号木製掩体壕の調査:1次〉
②〈永山1号木製掩体壕の調査:2次〉
③〈永山1号木製掩体壕の図面補足作業、木製品実測作業:3次〉
④〈荒尾二造検査掛棟、試料室の調査:1次〉
⑤〈荒尾二造検査掛棟、試料室の調査:2次〉

平成21年度
⑥平成21年7月4日〈黒石原飛行場奉安殿の調査:1次〉
⑦平成21年8月8日〈黒石原飛行場奉安殿の調査:2次、川上小学校奉安殿調査〉
⑧平成21年11月8日〈玉名飛行場格納庫の調査:1次〉
⑨平成21年11月30日〈甲佐町白旗、益城町飯野小学校奉安殿の調査〉
⑩平成21年12月12日〈筑後地方航空機乗員養成所格納庫及び小郡市立石小学校奉安
殿他調査〉
⑪平成21年12月13日〈玉名飛行場大型格納庫及び小型格納庫の調査:2次〉
⑫平成22年1月16日〈飯野小学校奉安殿の調査:2次〉
⑬平成22年1月23~24日〈天草地域海岸砲台、海軍格納壕の調査:1次〉
⑭平成22年3月7日〈小国町北里小学校奉安殿の調査〉
⑮平成22年3月14日〈天草地域海岸砲台及び監視哨の調査:2次〉

平成22年度
⑯平成22年5月8日〈三角・大矢野地区格納壕等の現地調査:第1次〉
⑰平成22年5月15日〈龍田三菱地下工場測量調査:第3次〉
⑱平成22年5月22日〈三角地区格納壕等の現地調査:第1次〉
⑲平成22年5月26日〈荒尾二造火薬庫測量調査:第1次(福山製パン裏大型火薬庫)〉
⑳平成22年7月24日~25日〈天草地域戦争遺跡(天草海軍監視哨・崎津震洋基地)
調査:3次〉
.平成23年1月15日〈荒尾二造火薬庫測量調査:第2次(ふれあい福祉センター前小
型火薬庫)〉
.平成23年1月22日〈荒尾二造火薬庫測量調査:第3次(第一紡績裏接収横線あり単
独型火薬庫)〉

平成23年度
.平成23年8月22日〈あさぎり町神殿原秘匿飛行場3号木製掩体壕の現地調査とあさ
ぎり町長への2・3号掩体壕の文化財指定要望書提出〉
.平成23年11月12日〈荒尾二造火薬庫測量調査:第4次(鴻江病院裏107接収番
号つき大型火薬庫・独立小型火薬庫)〉
.平成23年12月10日〈荒尾二造変電所跡測量調査:第1次〉建物外観部の測量調査。
特に接収英文字・番号の実測作業を行う。
.平成24年1月28日〈荒尾二造火薬庫測量調査:第5次(高森興産前個人所有の大型
火薬庫)〉

平成24年度
.平成24年8月1日〈陸軍大刀洗航空敞菊池分敞横穴壕:第3次調査(菊池市飛熊地区
地下疎開工場)への調査支援〉

平成25年度
.平成25年9月~平成26年度2月〈海軍艦上攻撃機“流星”風防関連第1~7次調査

・人吉市(風防状況)、八代市(三陽航機株式会社八代工場)、長崎県大村市(第二一
海軍航空廠)〉

平成25年9月10・23日〈人吉原田菅原神社奉納木製プロペラ調査「原田菅原神社
奉納に奉納された木製プロペラ(緒言・中間報告)」乙式一型偵察機木製プロペラと特
定。初代荒尾市長若竹又男少将による奉納

平成25年10月26日〈八代市日奈久小学校所蔵木製プロペラ調査「日奈久小学校所
蔵木製プロペラ(緒言・中間報告)」白戸式練習機木製プロペラと想定

平成25年10月10日〈八代市日奈久温泉鏡屋旅館所蔵木製プロペラ調査、民間パイ
ロット嶋田武男氏生家での資料調査「日奈久温泉鏡屋旅館所蔵木製プロペラ(緒言・中
間報告)」

平成25年11月6・18日〈八代妙見祭笠鉾台車車輪調査「八代妙見祭笠鉾台車車輪
に転用された軍用機車輪(緒言・中間報告)」

平成25年9月~平成26年3月〈菊池飛行場・隈の庄飛行場新発見写真資料調査「重
松瑞男氏・久我政基氏所蔵の写真資料調査」

6.その他荒尾二造市民の会関係:~第12回

平成22年度
①平成23年1月31日
九州財務局長へ「荒尾市所在の旧軍変電所跡・火薬庫の競売について(要望)」書を提出
②平成23年2月13日荒尾二造変電所跡等の利用を考える市民の会第1回準備会
③平成23年2月21日
荒尾市へ「旧東京陸軍第二造兵廠荒尾製造所変電所跡・火薬庫
跡の保存について(要望)」書を提出。『「旧東京陸軍第二造兵廠荒尾製造所の重要性
について」緊急報告書』の提出。
④平成23年2月23日九州財務局長へ「荒尾市との保存協議(要望)」書を提出
⑤平成23年3月19日荒尾二造変電所跡等の利用を考える市民の会第2回準備会

平成23年度
⑥平成23年6月5日
「近代化遺産荒尾二造変電所跡等の利用を考える市民の会」設
立総会の開催。会名称を「近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市民の会」と決
定。設立に前面的に支援活動を行う。
⑦平成24年2月12日
荒尾二造市民の会と合同で、「荒尾二造をワークショップする」を開催。現地見学
(フィールドワーク)、ワークショップの運営に協力。

平成24年度
⑧平成24年7月3日~9月23日・大牟田市立三池カルタ・歴史資料館〈平和展2012
戦中の生活と荒尾二造〉で火薬庫図面ほか写真資料を提供〉
⑨平成24年11月〈「近代化遺産 東京第二陸軍造兵敞荒尾製造所の戦争遺跡“荒尾
二造”ウオーキング・サイクリングルートマップ」作成で小型火薬庫測量図面ほか写真
資料を提供〉
⑩平成24年11月23日〈近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市民の会「荒尾二造
をウオーキングする」で案内活動〉

平成25年度
⑪平成25年6月1日〈近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市民の会総会、山内典博
氏講演会「わたしと戦争~学徒動員と二造遺跡~」で資料支援
⑫平成26年3月21日〈近代化遺産荒尾二造変電所跡等をいかす市民の会「荒尾二造
の歴史歩こう!語ろう!~荒尾二造フィールドワークとワークショップの集い~」で案
内活動〉

その他のカテゴリー